目白フィルハーモニー管弦楽団は都内を中心に首都圏の大学生で構成されたオーケストラです





当楽団ミュージックアドバイザー紹介

目白フィルハーモニー管弦楽団ミュージックアドバイザー上野友裕

1998年東京都渋谷区生まれ。作編曲家、音楽講師。

 小学校1年次から2年間渡仏、フランス国際音楽コンクールピアノ部門の決勝大会で2年連続準優勝する。学習院中・高等科吹奏楽団ではホルン・指揮・編曲を担当する。高校1年次から1年間米国に交換留学し、福祉施設を中心にピアノやオルガンで自作曲等の演奏活動をする。Tyburn Academy主催ミュージカル"School House Rock"では音楽助手を務める。
 2017年、東京音楽大学作曲科「映画・放送音楽コース」に給費奨学生として入学。現在2年次に在籍。秋葉原区立すいそうがく団!/かんげんがく団!のアレンジャー、作曲の会「Shining」の役員を務める。
 2018年、自身が編曲を担当した、吹奏楽と合唱、総勢約80名による「宇宙戦艦ヤマト」が収録されたアルバムCDが、ユニバーサル・ミュージック合同会社より販売される。同年、台湾国際音楽祭にて、東京音楽制作合同会社からの委嘱吹奏楽作品「台湾民謡の主題による変奏曲」が初演、出版される。
その他、音楽レッスンや、各団体の合奏指導を行う等、指導分野に於いても精力的に活動中。これまでに、作曲を藤原豊、久田典子、三國浩平、指揮を三原明人、ピアノを加藤千晶の各氏に師事。